日本語教師養成講座を受講するなら

日本語教師養成講座を行っているところはいろいろあります。


逆に多くのスクールがあるため、その選び方も迷うところです。

まず、なぜ受講したいのかという点をはっきりさせましょう。
例えば、教養として身につけたいのか、実際に日本語ボランティアとして活躍されていて、専門的知識を身につけたいのか、日本語教育能力認定試験で合格を目指したいのか、プロとして働きたいのかといったところがポイントになるでしょう。

将来的に仕事としたいという気持ちがあるのなら、認定試験の対策を行っている講座や多くの求人で応募条件とされる「日本語教師養成講座420時間」を満たしているところを選ぶべきです。

特にこの420時間の条件は大きいです。

海外で働く場合、大卒が条件にされているケースがあり、日本語関係を学べる学部でなくてもこの養成講座420時間の修了証書を持っていると採用試験への応募が可能というところが多いです。

日本語教師の養成についての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。

また、日本語教育能力認定試験を合格していなくても420時間の修了を網羅していれば問題ないとするところもあります。
受講料金を気にされる方も多いと思いますが、通信講座で学べるところやハローワークの求職者支援訓練の対象となりやすく学べるところもあります。
そのほか講座選びのポイントとしては、体験入学や教育実習環境が挙げられます。

体験入学があるのなら、自分の目で確かめるのも一つの手です。



教育実習については、体験したほうがより深い理解につながります。



日本語教師養成講座の選び方について、いくつかのポイントを挙げましたがご自身で見極めて、納得して受講しましょう。