気になる職業、日本語教師とは

日本語教師とは、日本語を母国語としない外国人に向けて日本語を教える職業を指します。

日本語教師の口コミや評判を紹介しています。

教える場所は大学や超中学校などの教育機関の他、語学学校、会社、訓練施設、学習対象者の自宅など様々です。



日本語教師は日本国内だけでなく、海外においても求められる職業となっています。

日本語教師には国家資格がありません。

しかし、母国語が日本語でない学習者に効果的に教えることは素人には大変困難が伴います。


そのため多くの語学学校では採用基準として四年制大学での日本語教育課程専攻、日本語教育能力検定試験を受けて合格している、日本語教師養成講座を420時間以上受講していること、などがあげられます。
このようにいくつかパターンがありますが、これから大学を目指す若者であれば四年制大学の日本語教育課程に進むことも一般的でしょう。
既に社会人になられている場合であれば独学、もしくは日本語教師養成講座を420時間以上受講し、日本語教育能力検定試験を受験するのが一般的な流れとなっています。

多くの語学学校では非常勤講師として採用を行っています。


そのため月給制ではなく時給制で勤務し、複数の職場を持つ方が多くみられます。



海外においても一般的な職業と比較すると、年収は低めの設定となっていることが多いです。しかし、学習者へ日本語指導を行いたい、自分自身の能力を高めたいといった志がある人物であれば大変やりがいのある仕事です。


その他に、目標をもって取り組める、コミュニケーション能力の高い人、人と関わるのが好きな人に向いている職業です。